ローラドライブ

減速機ローラドライブRAシリーズ

概要
特長
機種使用例
仕様
ダウンロード
関連製品

概要

RAシリーズはサーボモータを機械的に減速し、強大なトルク、剛性、安定性を得ると同時に、独自の予圧機構によるゼロバックラッシ化により入力制御指令に忠実な出力動作を得る事が可能です。加えて、転がり伝達による高効率、磨耗レスの実現と入出力軸の直交レイアウトによるコンパクト化、大口径中空軸標準装備等の使いやすさも兼ね備えた革新的なFAモーションコントロールユニットです。
RAシリーズ5機種
| RA40 | RA63 | RA80 | RA100 | RA125 |

特長

アルミハウジング採用による軽量ユニット
軽量化により、ユニット自体を可動部に積載することも可能となり設計の幅を拡げます。
大口径中空出力形状
配線、配管等が容易な他、別機器の軸を通すなど設計の幅を拡げます。
大口径中空出力軸
配線、配管等が容易な他、別機器の軸を通すなど設計の幅を拡げます。
クロスローラ
出力部には高剛性で振れが極めて小さいクロスローラベアリングを内蔵。
モータ軸締結
モータ軸は減速機入力軸とリジッドに締結。モータの動きをダイレクトに伝えます。モータベース部は組付誤差吸収が可能な構造となっています。

機種使用例

高速ポジショナ
整定時間が早く、精密な位置決めが可能になります。動作中の速度変動も極小で、高精度な同期にも対応。
検査装置
高速位置決めにより高速での各種検査が可能となります。
旋回・揺動アーム
バックラッシが無いため偏荷重が作用した場合でも安定した位置決めを高速で行うことが可能です。
【動画】RollerDrive-11.mp4
※音声が出ますのでご注意ください。

仕様

RAシリーズは、潤滑方式により性能が異なります。潤滑方式は基本仕様となるグリス潤滑仕様と高速運転が可能なオイル潤滑仕様があります。どちらの仕様が適しているかはお客様の仕様条件によって決まります。選定した潤滑仕様が適切かどうかを検討する際には、性能表との比較を行い、弊社の規定する期待寿命時間を満たす条件で運転可能かどうかをご検討ください。この条件は、動定格トルクのグラフで囲む範囲に速度とトルクが収まるかどうかで確認できます。
グリス潤滑仕様
※ 受注生産品です。

機種 RA40 RA63 RA80 RA100 RA125
減速比 15 20 20 30 20 30 20 30
起動停止時上限トルク N・m 57.7 129.3 202.3 147.9 564.8 250.3 938.6 637.5
許容最高入力回転数 rpm 3,000 2,500 2,000 1,600
許容平均入力回転数 rpm 900 800 700 600
位置決め精度 arc・sec 以下 90 60 40
繰返し精度 arc・sec 以下 ±10 ±7 ±5
面振れ量 μm以下 10
許容アキシャル荷重 N 999 1,657 3,302 3,724 8,178
許容ラジアル荷重 N 669 1,359 2,819 3,109 7,452
許容モーメント荷重 N・m 33 79 210 284 764
製品重重 kg 2.5 5.6 11.6 21.5 36.3
オイル潤滑仕様
※ 受注生産品です。

機種 RA40 RA63 RA80 RA100 RA125
減速比 15 20 20 30 20 30 20 30
起動停止時上限トルク N・m 71.0 159.2 249.0 182.1 695.4 308.2 1,155.6 784.8
許容最高入力回転数 rpm 3,000
許容平均入力回転数 rpm 1,300 1,100 1,000 900
位置決め精度 arc・sec 以下 90 60 40
繰返し精度 arc・sec 以下 ±10 ±7 ±5
面振れ量 μm以下 10
許容アキシャル荷重 N 999 1,657 3,302 3,724 8,178
許容ラジアル荷重 N 669 1,359 2,819 3,109 7,452
許容モーメント荷重 N・m 33 79 210 284 764
製品重重 kg 2.5 5.6 11.6 21.5 36.3
≪運転上の注意≫
ローラドライブの本体温度が60℃を超える状況下では運転しないでください。高温下の運転では潤滑油が劣化する恐れがあります。

PDF・CADデータのダウンロード

製品カタログ
外形寸法図
2D-CADデータ
3D-CADデータ

三共製作所の関連製品

top